fc2ブログ
 朝鮮通信使一行を大歓迎する江戸庶民


 朝鮮通信使の江戸到来は、徳川幕府が将軍一代の盛儀としてその威信を高めるれる行事で、通信使一行の江戸入場時の歓迎では江戸庶民・民衆にも見物が奨励された。江戸庶民にとって朝鮮通信使行列は一生一代の見物であった。

 朝鮮通信使一行が、幕府役人に先導されて品川を出発すると、日本橋から本町3丁目を通り浅草本願寺へと進む。その行列をひと目見ようと盛装した江戸の庶民が沿道をうめつくした。

 その様子について、第9次(1719年)通信使の製述官申唯翰は、
 「見物する男女がぎっしり埋まり、屋上を仰ぎ看れば、梁間に衆目が集まって一寸の隙間もない。衣の裾には花が飾られ、簾幕は日に輝く。大阪、京都に比べて3倍におよぶ」(『海遊録』)と述べ、江戸庶民の歓迎ぶりを伝えている。

 江戸庶民の歓迎の様子は、すでに「朝鮮通信使53」 ”朝鮮通信使の江戸入場”で記したので、ここでは羽川籐永が描いた「朝鮮人來朝図」(神戸市立博物館所蔵)を基に熱狂的な歓迎の様子を、各場面ごとに画像を拡大して動画風に編集した。よりリアルな表現を試みて見たのであるが、、、



 江戸時代の日本は、朝鮮だけが心を開いて交わる唯一の「通信」(よしみを通わす)国であった。貿易のみの「通商」の国(中国、オランダ)とは違い、はるかに大切に親近感をもって隣国の外交使節団・朝鮮通信使一行を迎えたことを物語っている。つづく
Secret

TrackBackURL
→https://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/708-3697b1af