FC2ブログ
    下蒲刈の「御馳走一番館」
  
 広島県呉市にある下蒲刈島は、人口2300、周囲16キロの小さな島である。現在この島に朝鮮通信使資料館があり、「御馳走一番館」とも呼ばれる。

  下蒲刈島
         下蒲刈島全景

 なぜ、朝鮮通信使資料館を「御馳走一番館」と呼ぶのだろうか? 

 瀬戸内海を航行する朝鮮通信使は、赤間関(現下関)にてしばらく滞在したのち、上関に寄港する。ここまでの使節団一行の案内・護衛・接待は長州藩が担当した。

 上関を出航すると、長州藩に替わって安芸広島藩の案内で、瀬戸内海を本土よりの航路を東に進み、次の寄港地・安芸の下蒲刈島三ノ瀬(現呉市下蒲刈町)に向かう。 
 この海域は、瀬戸内海でも水路が狭く、島また島の潮流が複雑に変化する「安芸地乗り」と云う航行の難所であった。

 朝鮮通信使船6隻を中心に千隻の大船団が事故もなく無事航行できたのは、対馬藩のベテラン船頭や各藩の船手組、朝鮮の船頭たちの協力と、なによりも広島藩送迎船団の熟練船頭たちの高度な海上保安技術と導きによるものであった。

  瀬戸広島
      瀬戸内海 下蒲刈島付近地図

 広島藩は、西国の大藩を自認し、その面目にかけて朝鮮通信使の接待は他藩に負けじと対馬、壱岐、赤間関、上関に人を派遣して接待の様子を探らせた。使節員の好みはなにか、とくに正使の好き嫌い、酒の好みなどを調べて他藩以上の通信使歓迎、接待をしようと下準備を徹底したのであった。
 
 朝鮮通信使一行の下蒲刈寄港は11回、往復ともすべて寄港した。

  松渚園
     朝鮮通信使資料館のある松濤園 手前
 
 広島藩は通信使の来日が決まると、到着5か月前から準備にとりかかった。
 通信使御馳走人、酒菓子奉行、賄い青物奉行、蝋燭奉行、活畜奉行、諸道具奉行、料理人ら759人が島に渡り接待準備に専念した。

 迎賓館となる宿舎・お茶屋を通信使が来島するたびごとに新築状態に改築したという。金銀屏風、火鉢、燭台、筆墨などの調度品も整えられた。
 
 平地の少ない島に、接待関係者ら2000人がひしめき合って作業した。島民は彼らのために、住居を明け渡し山奥の仮設小屋に生活をよぎなくされた。
  
 朝鮮通信使一行は、牛肉をなによりも好物にしている情報を得て、牛2頭を食用に飼育し、長崎から豚をとりよせ、犬肉を珍重することも知り犬も飼った。使節員たちは生きた雉(キジ)が好物であるとの情報が入り、雉の捕獲に莫大な費用を投入した。雉1羽=3両で300羽を調達したという。

 朝鮮通信使一行が到着すると、使節員約500人、案内役の対馬藩と接待の広島藩関係者4000人の大勢の人が来島したので、狭い「島が沈む」とまでうわさされたという。
 
 広島藩の経済的負担は莫大であったが、藩主をはじめ関係者は、他藩との接待競争で負けないと意気込みをみせ、同時に失礼や失敗、事故のないよう神経もつかったようである。

 通信使が到着すると、400余個の提灯が点灯し、宿舎のお茶屋まで毛氈170枚が敷かれ、廊下には紫幕が張りめぐらされた。

 歓迎宴では正使、副使、従事官三使に「七・五・三の膳」の饗宴食が出され、朝鮮人参で合醸された忍冬酒(にんとうしゅ・度数高く風味芳醇)、日本伝統の醸造酒もふるまわれた。通信使一行は「安芸州之酒味日東一」(広島の酒は日本一)(任守幹『東搓録』)と称賛した。
 
 三使の朝夕は「七・五・三」、昼は「五・五・三」の膳、引替に「三汁一五采」の豪華な料理(白米、酒、肉、魚、貝、野菜、漬物、菓子その他)が出された。官位によって料理の種類に差がつけられた。

 通信使一行が江戸に着いたとき、将軍から各地の接待の様子をたずねられた際、同行の対馬藩主が「安芸蒲刈御馳走一番」と答えた。これは「食」を含めた接待全体が安芸国の下蒲刈が一番よかったということである。

  3汁15
      三汁十五菜 通信使接待料理

 朝鮮通信使に随伴し各地・各藩の接待を実際に見て体験した対馬藩主の評価は、客観的であり、そのまま幕府の評価でもあった。

 安芸下蒲刈の接待が「御馳走一番」と評価されたのは、国賓の外国使節を「おもてなし」の心で精一杯接待した広島藩の並々ならぬ努力と島民の協力、涙ぐましい支援があったからである。

    一番館
        御馳走一番・朝鮮通信使資料館


 現在、下蒲刈島は全島の庭園化計画がすすみ、松濤園内の朝鮮通信使資料館・御馳走一番館を中心にテーマパーク化されている。
 朝鮮通信使資料館の展示物のなかで「七・五・三の膳」、「三汁一五菜の膳」と朝鮮通信使船の十分の一の摸型、本陣と通信使行列の人形等は圧巻である。

 2000年,下蒲刈と本土をつなぐ吊橋・安芸灘大橋が完成し、朝鮮通信使資料館を見学する観光客が急増した。

 とくに2017年、朝鮮通信使資料がユネスコの「世界の記憶遺産」登録後は朝鮮通信使に対する関心が高まり、下蒲刈は通信使の停泊地として注目され、観光客がますます増えているという。

  行列模型
       朝鮮通信使行列人形

 毎年、呉市下蒲刈において、朝鮮通信使をテーマにした「文化と歴史の祭典」が開催されている。

 今年は17回目の祭典、10月20日11時、朝鮮通信使再現行列が
 下蒲刈市民センター前を出発、つづいてステージイベントが開催される。
  つづく

Secret

TrackBackURL
→https://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/677-cecaed83