FC2ブログ
    通信使・川御座船に乗る

 朝鮮通信使一行は、大阪に上陸してから数日後、難波から川御座船に乗り換えて、淀川をさかのぼり京都に向かう。朝鮮から乗ってきた船6隻は、底が深いため浅瀬の川では航行できないからである。

  天地丸
     徳川将軍家の御座船 天地丸   

 淀川は、京都と琵琶湖から流れる桂川、宇治川、木津川が大阪北部の山崎付近で合流して大阪湾に流れる近畿最大の河川である。
 江戸時代、淀川を利用して大阪ー京都伏見間を「過書船」と呼ばれる30石船(28人乗り、船頭4人)が航行していた。
 
 朝鮮通信使が乗船する川御座船は、30石船よりはるかに大きく、しかも二階建ての屋形を設けていた。そのため、2倍近くの時間がかかったという。所要時間は、登り一日または一晩、下りは半日ないし半夜であったという。

 もともと川御座船は、四国の大名が参勤交代用に造営したもので、金銀箔がちりばめられ、色とりどりの幔幕で飾られた豪華船であった。地方の大名が国元から瀬戸内海を渡り淀川を上り下りするのに利用していた。
 その絢爛豪華さに使節団一行も目を奪われたという。

 難波橋から伏見の淀までおよそ32キロ、しゅんせつ船を先頭に曳船と両岸から千五百人の綱引き人夫が船団を引かせての航行である。
 
 通信使一行が乗る川御座船7隻に随伴する大小の船合わせて140隻が淀川をさかのぼるのである。船上で使節の楽員たちが立ち上がって陽気にチャンゴ(長鼓)や銅鑼を打ち鳴らし華やかな演奏をした。それはまさに絢爛豪華な船団の大パレードであった。
 
  淀川
      川御座船が航行した淀川地図

 これをひと目見ようと、守口、枚方、淀に至る川土手には立錐の余地すらないほど町人、農民ら群衆が押し寄せ、まるでお祭り騒ぎであったという。
 
 淀川の堤にひなだん式の桟敷を造り、席料を取ったり、弁当を売って銭もうけする商人も現れたという。
 
 また、この日に備えて頼母子講を作り、郊外から見物に来た農民もいた。
 
 河内の美具久留御霊神社には、通信使が乗る川御座船の絵馬が奉納された。この神社は、和爾宮(わにのみや)とよばれ、この地方を開拓した百済からの渡来人、王族一族の祖神を祀ったとされている。
 
 幕府は、隣国の客人を手厚くもてなすことによって、その威勢を天下に示そうとしたのであったが、民衆は厳しい規制にもかかわらず、通信使という異国人に興味津々、彼らがもたらす異文化を驚き楽しんだのであった。

  淀4
      江戸時代の淀船着き場の風景

 通信使一行は、臨時に設けられた淀の船着き桟橋・「唐人雁木」に上陸した。ここで一行は仮泊したり、しばし休憩をとった後、陸路をひたすら江戸に向かって旅をする。帰路も同様ここで船に乗る。淀はまさに陸路と水路の交差点(水陸歴程)の地であった。

    唐人碑
       通信使が上陸した地点
 
 現在の淀周辺の川筋は、様変わりして当時の風景は何も残っていない。通信使が上陸した船着き場は、陸の内部・京都市伏見区淀納所町に「唐人雁木旧跡」(とうじんがんぎきゅうし)と書かれた石碑が立つ場所である。

 朝鮮人をなぜ「唐人」と呼んだのか?
 江戸時代の日本人は、唐人は唐時代の中国人だけでなく、外国人を一般的に唐人と呼んでいた。朝鮮人も外国人とみなして「唐人」と呼んでいたのである。
 つづく


Secret

TrackBackURL
→https://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/656-047e0917