FC2ブログ
     朝鮮のソンビと「科挙」

  ルート
   朝鮮通信使ソウルー江戸往還ルート

  朝鮮王朝(李朝)時代(1392年~1910年)、書を読む人を「士」(ソンビ)といい、政治に従事する人を士大夫(サデブ)と呼んだ。

 日本における「士」は武士=サムライのことであるが、朝鮮での「士」=ソンビは、現在の知識人・インテリと呼ばれる人たちのことである。

 朝鮮王朝時代のソンビは、庶民から尊敬された。

 江戸時代の日本は、士農工商の四民で構成され、「士」=武士が支配する社会であった。

 朝鮮もやはり科挙に合格したソンビ・両班(文班・武班)が支配する社会あった。

 両国ともに「士」が支配する社会であるが、一方は武家政治、また一方は文治政治という本質的な違いがあった。

 朝鮮通信使の製述官・申維翰は、日本の士農工商について
 「国に四民あり、曰く兵農工商がそれである。商は富むといえども、税法がはなはだ重く、工はその技が巧みであるが、製品が廉価である。農はもっとも苦しいが、年間の租税のほかに他の徭役はない」と述べ、日本には兵があって「士」・ソンビは存在しないとした。

  サムライ
        町中を歩く武士の姿

 朝鮮のソンビは、官職があろうがなかろうが関係なく書を読む人であるが、彼らが官職を得るためには、官吏登用の「科挙」に合格しなければならない。合格後は両班官僚となる.

  ところが日本には科挙制度がないために、「士」・ソンビである儒者たちは、幕府や各藩に儒官として召しかかえられて「兵」=サムライの地位を得るか、医者になる以外に進路は閉ざされいた。

 維翰は、「四民の他にも、別に儒学、僧徒、医学がある。しかし、国俗として、医はすなわちその功があるゆえに上となし、僧徒がこれに次ぎ、儒は末である。いわゆる儒者は、学ぶに詩文をなすが、科挙試による仕進の路がない。ゆえに、ようやく声誉をえたところで、各藩の記室にとどまる」と述べ、儒者が低い地位におかれていることを嘆いた。

 そして、「君臣たるもの、黄口の幼児といえども嬰然としてその位にあり、その心は安楽に馴れ、汲々として事変をただ怖れる。どんな計りごとをめぐらしえようか」(申維翰『海遊録』)と世襲制の弊害を痛烈に批判したのであった。

 維翰のこうした批判は、表面的な現象を自国・朝鮮の科挙制度や朱子学文化と対比させた批判であった。
 
 維翰にかぎらず朝鮮のソンビたちは、自国文化の優位を誇るが、朝鮮における科挙制度や朱子学の閉鎖性や弊害を顧みることができなかった。

  両班
       囲碁をするソンビ・両班
 
 朝鮮における儒教・朱子学について簡単に述べておく、
 13世紀、儒教の一学派である朱子学が朝鮮に伝わり、朝鮮王朝の国家統治理念として用いられた。朱子学が学問(官学)とし、官吏登用試験・科挙で唯一採用された。礼教と道徳政治を目ざしたのであった。
 ソンビたちにとって朱子学を学ぶことが朝鮮社会を生きる上での絶対的な条件となっていた。
 
 それまでの国教であった仏教が排され、朱子学以外の学問はすべて異端とされた。朝鮮王朝の後半は朱子学は創造性を失い形骸化していた。
 
 朱子学に凝りかまった朝鮮のソンビたちの価値観では、表面的な現象を観察できても、社会の深層を洞察することはできない。
 
 科挙の合格者であり、朱子学のエリートであった維翰も、やはり日本の社会を素直に見る能力を欠き、日本の良さを受容する度量を失っていた。

  日本は、人材を登用する科挙制度がなかったがために、朱子学にこだわらず、有用な学問・思想をとり入れる寛容な社会であった。

 江戸時代の朱子学は形だけが官学であったが、他の学問を抑圧したり、弾圧することはなかった。キリシタン禁制のほかは、学問や思想は自由であった。
 そのことが、その後、日本がアジアの中でどの国よりもいち早く、近代化の道を歩むことができた一要因であったと論じられている。

  復元船
        朝鮮通信使復元船
 
 第9次朝鮮通信使の製述官・申維翰が書き残した『海遊録』は、貴重な日本見聞録であるが、今一つ迫力がなく、物足りなさを感じるのはそのためでろうか。  つづく
 
Secret

TrackBackURL
→https://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/653-907fb96e