FC2ブログ
2013.07.19 夕日と雲 9
     夕焼小焼で 日が暮れて

     山のお寺の 鐘がなる
    
     お手々つないで 皆かえろ

     烏と一緒に 帰りましょう

  全国の子供たちに愛唱されたこの歌は、

  今から90年前、1923年(大正12)発表された。

  作詩者の中村雨紅が第3日暮里小学校に勤務していた

   若干22歳ときの詩である。
 
  都会の学校に勤務する雨紅には、この詩を創る原風景があった。

  ふるさとは山深い村、南多摩郡恩方村、

  現在の八王子市上恩方町で育った。

  子供のころいつも、西山に沈む夕日が赤く染まる光景が眺め、
  
  近くのお寺からご~ん、ご~んと鳴る鐘の音を聴いていた。

  このような牧歌的情景が雨紅の心に焼きついた。
 
  また、勤務していた日暮里の小学校から、郷里への往き帰りに

  真っ赤に染まる夕焼を眺めていた。

      7-10-1.jpg
         クリック画像拡大


  雨紅の心の底に焼きついた情景は
 
  全国何処にでもある普通の牧歌的な田舎の風景だった。
  
  夕焼に染まる頃、あちこちの村から「夕焼小焼で日が暮れて」の

  歌声が聞こえてきたであったろう、

      IMG_0722.jpg
          クリック画像拡大

  東大和市が北多摩郡大和村(大正8年)であった頃、

  富士見通りから富士山が見えたように、

  この村の田園からも夕日を見ることが出来た。

  野原で遊んでいた子供たちが「夕焼小焼で日が暮れて」と

  唄いながら家路につく情景が目に浮かぶ。

  






Secret

TrackBackURL
→https://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/131-10df6680