FC2ブログ
   新井白石と朝鮮通信使節との交歓

 1711年10月、第8次朝鮮通信使は江戸に到着し、浅草の宿舎・東本願寺にはいった。  
 
 DSC_5044.jpg
       朝鮮通信使行列図1

  通信使を待ちわびていた儒者、文士らが筆談唱和を求めて次々に宿館を訪れた。

 大学頭・林復斎が編纂した「通行一覧」によれば、「かの使者來聘ごとに、必ず筆談唱和があり、天和(1682年)、正徳(1711年)の頃よりして、その事やや盛んなり」と書いている。

 木下順庵門下の7名が使館を訪れ、使臣たちと和やかに筆談唱和した。その内容は『7家唱和集』10巻に収められている。
 
 また、萩生徂徠の門人たちが使館を訪れ筆談し、『門搓騎賞』3巻を残した。

 そして、白石が独りで酒をもって使館を訪れ、終日三使(正使・副使・従事官)と筆談した。その記録が『江関筆談』である。その最初と最後の挨拶の部分を紹介する。

  まず、正使がつぎのように切り出した、
正使=筆の端にはおのずから舌があって話が通じるのに、どうして通訳を煩わす必要があろうか。
白石=謹んで雅量に従いたい。
白石は正使にたずねた、
白石=どうして煙草を吸わないのか。
正使=平生これをたしなまないからだ。
白石=古人は酒がはいる酒腸がないといったが、どうして公には煙腸がないのか。
正使=心の腸はおのずから錦であるのに、どうして煙草の煙で汚すことができようか。
一同はどっと笑った。

 その後、海外知識、中華文明の問題、日朝外交の問題、儀礼、文物の問題など話題にして筆談がつづいた。

 白石は、三使(正使、副使、従事官)を相手に質疑応答し、 知識の豊かさと儒学者としての才能を誇示したのであった。

  DSC_5099.jpg
       朝鮮通信使行列図2

白石=今日の談笑と対話は、金石(楽器の鐘と笛)の互奏といえども、これにおよばないだろう。
正使=今日公とともに語ったことは、10年間の読書にも勝 る。どうして吟詩することがあろうか。
白石=私には10年の語も恨めしく、晩年の読書にも勝るといいたい。
白石=今日の会は、真に千載の一つの奇事である。老いたる小生はいつこの世を去るかわからない。諸侯は帰国の後東を望みながら、お互いに思い出していただければ幸いである。

  DSC_5100.jpg
       朝鮮通信使行列図3

 白石と三使の交歓風景からは、その後に幕府と通信使の間で国書に書かれた「一字」をめぐって激しい対立が起き、通信使を窮地に陥れる事件に発展することは想像すらできなかった。

 いかなるトラブルが起きたのであろうか?次回に詳しく記したい。
                              つづく
Secret

TrackBackURL
→http://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/641-2b0d2b7d