FC2ブログ
          達磨図 
           だるまず

    img039.jpg
 達磨図 83-57㎝ ソウル国立博物館

 17世紀の朝鮮朝(李朝)を代表する画家は金明国(1600~1662)であろう。
 彼は山水と人物を良く描き、また「達磨図」のように優れた禅宗的な画を残した。
 彼の人となりが豪放で諧謔(かいぎゃく)に富んでいて、大酔した後に、初めて絵を描く癖があった。
 その絵の多くは酔って描かれたものだといわれている。
 彼は当時の代表的な画人として、朝鮮朝が日本に通信使を送る時、選ばれて1963年と1643年の2次にわたり江戸まで行ったという。

 通信大使
    朝鮮通信使行列  通信大使
 
 その時、使節団が日本各地に到着するや「多くの人々が大波のように集まり、小さな絵でも入手すると貴重な玉を得たように喜んだ」と伝えられている。
 金明国も求めに応じて多くの絵を描き残したと言われている。

 この「達磨図」は、江戸の文人たちが見守る中を、大きな毛氈(もうせん)に紙をのせ、盃になみなみと酒を注がせ、それを一気に飲みほし、
 そして、「いざ!」と気合を入れるや、豪快な輪郭と、細筆による目鼻と口のまわりの髭(くちひげ)と鬚(あごひげ)をたちまち仕上げた。
 その神業に、江戸の文人たちのあげる嘆声が聞こえてくるような絵ではないか!

 江戸入場
   朝鮮通信使 行列図

「朝鮮通信使」について、日韓両国の団体が正式にユネスコの世界記録遺産に登録申請中と言う。
 「朝鮮民族の美」は、この25回目をもって最終回とします。
          おわり

 追記 2017年11月12日(日)12時半~14時
     復活 「第3回川越唐人揃い」
   多文化共生・国際交流パレードが行われる。

    PB024095.jpg
   「川越唐人揃い」 チラシ

 毎年、この時期に行われる「川越唐人揃い」は、国際色豊かな パレードである。
 朝鮮通信使は江戸時代に12回、毎回4~500名の使節団が来日し、
 国家間の外交にとどまらず、学問、芸術を通じた豊かな文化交流が実現した。
 「朝鮮通信使」を新しく現代風に復活させた祭りである、
Secret

TrackBackURL
→http://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/556-27d70607