弥勒菩薩半迦思惟像 
 (みろくぼさつはんかしいぞう)

   img033.jpg
 像高84cm 7世紀初期 京都・広隆寺

 この半迦思惟像と、前回紹介した金銅弥勒菩薩半迦思惟像は、あまりにも共通する要素が多く、古代における日・朝間の文化交流について多くの話題を提供してきた。
 この半迦思惟像をもつ京都の広隆寺は、新羅系の豪族である秦河勝が聖徳太子から仏像を賜り、推古11年(603年)創建されたという。そこに創建当時から宝冠弥勒と呼ばれる木像・弥勒菩薩半迦思惟像が伝えられてきた。それは日本に例のない朝鮮半島の赤松製。
 あまりに優れた半迦思惟像であるために、これは推古31年(623年)に新羅から伝えられた仏像に当たるとされて、明治になり国宝1号となった。
 千年以上の間、何度も火災にあいながら信者に守られて来た奇跡の仏像である。
  この宝冠弥勒と、前回紹介の金銅思惟像を較べてみると、金銅思惟像は少年のような顔で丸みを帯び、体全体に生命感がみなぎっているのに対し、広隆寺像は青年の顔であり、明るい微笑みというより深い瞑想に耽る様子で、全身に崇高な寂滅の境地をただよわせている。
 思惟像の姿勢は同じであっても、広隆寺像はお顔も上半身も本来あった漆珀はなくなり木目が浮き出して、優しい表情と伸びやかな体つきながら深い瞑想の境地を表し、全面下部の裳裾も美しい模様を描きながら静かに垂れ下がっている。私たちは、この像の前では、静かに頭をたれるばかりである。
Secret

TrackBackURL
→http://tei1937.blog.fc2.com/tb.php/525-4f07cdaf