FC2ブログ
   新井白石と朝鮮通信使節との交歓

 1711年10月、第8次朝鮮通信使は江戸に到着し、浅草の宿舎・東本願寺にはいった。  
 
 DSC_5044.jpg
       朝鮮通信使行列図1

  通信使を待ちわびていた儒者、文士らが筆談唱和を求めて次々に宿館を訪れた。

 大学頭・林復斎が編纂した「通行一覧」によれば、「かの使者來聘ごとに、必ず筆談唱和があり、天和(1682年)、正徳(1711年)の頃よりして、その事やや盛んなり」と書いている。

 木下順庵門下の7名が使館を訪れ、使臣たちと和やかに筆談唱和した。その内容は『7家唱和集』10巻に収められている。
 
 また、萩生徂徠の門人たちが使館を訪れ筆談し、『門搓騎賞』3巻を残した。

 そして、白石が独りで酒をもって使館を訪れ、終日三使(正使・副使・従事官)と筆談した。その記録が『江関筆談』である。その最初と最後の挨拶の部分を紹介する。

  まず、正使がつぎのように切り出した、
正使=筆の端にはおのずから舌があって話が通じるのに、どうして通訳を煩わす必要があろうか。
白石=謹んで雅量に従いたい。
白石は正使にたずねた、
白石=どうして煙草を吸わないのか。
正使=平生これをたしなまないからだ。
白石=古人は酒がはいる酒腸がないといったが、どうして公には煙腸がないのか。
正使=心の腸はおのずから錦であるのに、どうして煙草の煙で汚すことができようか。
一同はどっと笑った。

 その後、海外知識、中華文明の問題、日朝外交の問題、儀礼、文物の問題など話題にして筆談がつづいた。

 白石は、三使(正使、副使、従事官)を相手に質疑応答し、 知識の豊かさと儒学者としての才能を誇示したのであった。

  DSC_5099.jpg
       朝鮮通信使行列図2

白石=今日の談笑と対話は、金石(楽器の鐘と笛)の互奏といえども、これにおよばないだろう。
正使=今日公とともに語ったことは、10年間の読書にも勝 る。どうして吟詩することがあろうか。
白石=私には10年の語も恨めしく、晩年の読書にも勝るといいたい。
白石=今日の会は、真に千載の一つの奇事である。老いたる小生はいつこの世を去るかわからない。諸侯は帰国の後東を望みながら、お互いに思い出していただければ幸いである。

  DSC_5100.jpg
       朝鮮通信使行列図3

 白石と三使の交歓風景からは、その後に幕府と通信使の間で国書に書かれた「一字」をめぐって激しい対立が起き、通信使を窮地に陥れる事件に発展することは想像すらできなかった。

 いかなるトラブルが起きたのであろうか?次回に詳しく記したい。
                              つづく
   第8次朝鮮通信使往還
     通信使苦難の旅
 
  1711年8月、 国書の書き換え問題で、出鼻をくじかれた第8次朝鮮通信使一行は、 ソウルを発ってから3ヵ月が過ぎてようやく 対馬府中(厳原)に上陸した。

  通信使の船

 その後、江戸までの道中、先導する対馬藩と通信使のあいだで、新井白石の儀礼の変更をめぐって論争がつづいた。
 
 幕府からの儀礼変更の指示を受けた 対馬藩は、その具体的な内容を通信使に 伝えるだけでなく、通信使三使(正使・副使・従事官)がそれを実行するように説得せねばならない。
 
 従来は、通信使が客舎に輿(こし)に乗ったまま入り、将軍の使者・慰問使が客舎を訪問した場合も、3使が送迎する儀式はなかった。

 ところがこのたびは、使臣が客舎にはいるときは輿から降りなければならない。
 また将軍の使者が客舎訪問した場合は、階下に降りて送迎しなければならない。
 そればかりでなく、宴礼に座る席次が、使臣は島主と向かい合って、慰問使は使臣より上座に座るというのである。
 
 それは使臣たちにとって通信使の格下げを意味し、朝鮮の「国体」を傷つけるものであるため 断じて受け入れがたいと激しく反発し論争がつづいていたのであった。
 
  一方的に強要する 対馬の対応に 使節員たちは、激怒した。
 「今般の使行のすべての手続きは変わることなく前回(1682年)の例に準ずることをすでに決定しており、今中途で変更はありえないことである。これはまさに江戸の使者と決定することなので、汝たちは無駄口をたたく必要はない」と釘を差していた。

  瀬戸内海
       通信使の瀬戸内海航路
 
 こうして瀬戸内海航海中からの論争は、大阪上陸後に持ち越された。
  大阪では、通信使の下官、水夫など139人が残留することになる。彼らは6隻の朝鮮使船のなかですごすことになり、自由に上陸することは許されなかった。
 通信使一行の客舎は大阪西本願寺であった。

    西本願寺
      江戸時代の西本願寺画

 通信使訳官(通訳)と対馬奉行との間で儀礼の変更をめぐって厳しい交渉がつづき、通信使三使に 島主や長老も出向いて説得にあたったが埒があかなかった。その心労のため対馬藩主は病床に臥した。
 
 対馬の江戸家老・平田直右衛門は、刀を抜きちらつかせながら、幕府の方針を受け入れるよう迫った。三使は肝を冷やし、 受け入れざるを得なくなった。

  使臣は、「このことは、きわめて聞き入れ難いが、従うことにした。島主が救いを求めて懇願の悶迫の情を想い、われわれも応じざるをえない。ただこれから先また何らかの従い難い要請があるかも知れなが、決して許すことはない」と強弁した。
 
 使臣たちの受け入れを聞き、病床にあった対馬藩主は、強いて起きあがり感謝のことばを述べた。
 「私はいま救われました。三使の恩徳は死んでも忘れがたい。今後は他盧がないことを保障したい」(副使任守幹著『東搓日記』)
 
 このあと、 大阪城主・土岐頼殷が幕府の慰問使として宿舎にやってきた。使臣たちはやむえず、しぶしぶ、階段を降りて 土岐を 出迎えた。使臣たちの屈辱感と無念の思いはいかほどであっただろうか?
 
 対馬藩は、幕府の指示通りに事がはこびほっとしのであるが、新井白石と朝鮮通信使との挟間にあって、気苦労はその後もつづいた。

  通信行列1
     朝鮮通信使行列 正使輿
 
 一方の通信使の方では脅迫に屈し、「国体」を冒涜されたという責任から逃れることができなくなり、旅の足取りはいっそう重くなったと思われる。
          つづく