FC2ブログ
 「雲が面白い」!?

 なぜ、そんなことが言えるのか?

 と問われると、はっと一瞬、答えに困る、

 登山者がよく「山があるから山に登る」と云う理屈で

 「雲が面白いから、面白いのだ」と答えたとしても

 ほとんどの人に納得してもらえない、

 山には、登山者や、山愛好家、理解する人も多い、

 ネット上で「雲を愛でる会」ができたが、

 会員になる人の数は知れたものである

 雲に対しては、常に暗いイメージが付きまとう、

 その暗いイメージを払しょくして、

 「雲が面白い」と思うようになるまで時間がかかる、

 まず、今日はどんな雲が出ているか?

 意識的に空を眺めることから始めることである、

 毎日のように空を眺めていると

 雨の日や、黒い雲が空一面に覆われる日は困るが、

 雲一つない快晴の日がつづくのも

 単純で面白味がないことが解ってくる、

 やはり、空には適当に雲が発生してくれないと、

 今日は、どんな雲が出現したか?

 空を見上げることが習慣化すると、

 大空が、いろいろな雲が出演する劇場に見えてくる、

 その大劇場で演じられた雲の魅力的な名演技の数々を

 カメラに収めた「名場面」、数百枚の写真集の中から

 10枚を選んで、お見せする、

 
 IMG_0794.jpg

 
 IMG_0687.jpg

 
 IMG_0629.jpg


  IMG_0356.jpg


 IMG_1022.jpg


 IMG_0696.jpg


 IMG_0663.jpg


  IMG_1039.jpg


 IMG_0584.jpg


  IMG_1047.jpg



 雲が演じる「名演技」、「名場面」は1度きりで

 二度目は絶対見られない、見た人だけが感動に浸ることができる、

 撮った写真から思い返すことはできるが、

 大空いっぱいに繰り広げられた、雲の「名演技」、「名場面」は、、

 いかに高価なカメラ、撮影技術をもってしても撮れない、

  自然の不思議、やはり「雲が面白い」、



 
2014.04.16 雲が面白い9
 さくらのシーズンが終わり、若葉が萌える季節になった、

 タイトルを「雲が面白い」に戻すことにしたが、

 好天に恵まれ、「面白い雲」見られない

 春の陽気に包まれた太陽が、肉眼で直接見られたので

 何枚か撮ってみた、

 P4110818.jpg
    4月12日 快晴 雲まったく無し 

 P4120824.jpg
         4月12日 少し雲が発生     

 同じような光景は単純で面白くない、

 そこで、数日前撮った「面白い雲」と

 昨年4月に撮った「面白い雲」を掲載する

 P4040791.jpg
          4月4日 雲が面白い

        IMG_0532.jpg
         昨年4月撮影(クリック拡大)

 
 やはり、空の光景はいろいろな変化にとんだ雲が

 出現しないことには面白くないのだ、

 玉川上水駅周辺のさくらをいろいろ伝えてきたが、

 駅周辺のさくらと云えば、やはり

 東大和南公園のさくらであろう、

 特に、戦争遺跡・旧日立航空機変電所の裏にある

 2本のさくらの大木は見る人を驚嘆させる、

 筆者はもちろん、文章家や、文学者でも

 その美しさを表現するのは難しいのでは?

 百聞は一見に如かず、ともかく見るに限る、

 南公園には他に紹介するさくらはあるが、

 今日は2本のさくらについてのみ掲載する、

 P4070804.jpg
       市指定文化財、旧日立航空機変電所

 IMG_0465.jpg
           2013年3月26日撮影

 P4070805.jpg
       花畑と満開のさくら、2014年4月4日撮影

        P4070806.jpg
            (クリック拡大)

 東大和市は変電所を文化財として指定しているが、

 この2本のさくらについても、特別自然記念物に指定して

 広報活動をすればどうだろうか?

 市民はもちろん、近隣の市町村から、

 マニアなら遠くからでも見学に来るのでは?

 東大和市が自慢できる自然の宝物だと思うのだが?

 

 玉川上水駅北口前は桜ヶ丘3丁目アパート群が立ち並ぶ、

 そのアパート群の中央を芋窪街道から東大和南公園まで

 広い遊歩道が東西に走る、約300M位だろうか、

 毎年、この遊歩道の両側に紅さくらが咲き、

 紅い花のトンネルをつくり上げる、

 この紅いトンネルが出来る頃になって、ようやく

 ソメイヨシノをはじめ、白いさくらが咲きだす、


 P4010737.jpg
       芋窪街道側から見る紅桜トンネル

 P4040756.jpg
       駅前通り側から見る紅さくらトンネル

 紅さくらトンネルの中間にソメイヨシノが咲いているが

 木が低いため両側からは見えにくい、

 アパートのベランダから撮ってみた、

 P4040748.jpg
        トンネルの中間に咲くソメイヨシノ 

     
 暖かい春の訪れを感じさせてくれる、

 小さな花見スポットである、

 

 玉川上水駅西口は主に国立音大、

 拓殖大学第一高校、上水高校の学生たちが行き交うが、

 一般の人の出入りは極端に少ない、

 しかし、さくらの見どころが2か所あるので、

 満開のころ、近くに行って見学してはと紹介する、

 P4040777.jpg
        国立音大正門前から校内に並ぶさくら

 モノレールの西側にある佼成霊園内の正面に礼拝堂を挟んで

 左右に2つのさくら群が鮮やかにみえる、

 P4040778.jpg
        佼成霊園のさくら 左側

 P4040779.jpg
        佼成霊園のさくら 右側

 学校も、霊園も近寄りがたいが、

 美しいものは、どこでも、いつでも美しいものだ、

 玉川上水駅北口ロータリーにさくらの大木が数本ある、

 毎年、満開の時期になると、

 駅前が真っ白に、華やかなさくら景色に包まれる、

 駅を利用する昇降客や、買い物客を

 明るい気分にさせてくれたものだった、

 しかし、数年前から枝枯れが始まり、花を咲かせなくなった、

 さくらの大木がひん死の状態に陥ったのである、

 3年ほど前に大手術(枝切)が行われたために、

 昨年は、何とか生き残った、という状況であったが、

 今年はかなり回復した感じがする、

 P4050796.jpg
        回復の兆しが見える駅北口のさくら

 P4050797.jpg
        駅北口駐輪場の満開のさくら

 往年の駅前全体に真っ白に広がったさくら景色からは

 まだまだ程遠い感じがする、

 「来年の事を言えば鬼が笑う」と云うが、来年は、

 今年より立派な満開の花を咲かせること間違いなし、


 
 あちこちで満開のさくらが目に飛びこんでくる、

 まさに、春爛漫である、

 今年も玉川上水駅周辺のさくらが、

 見てくれと言わんばかりに咲き誇っている、

 時間のゆるすかぎり近くに立ち寄り撮ってきた、

 何回かに分けて紹介したい、

 1回目の今日は、駅南口から上水を上流に沿って

 千手橋-宮の橋―金毘羅橋―見影端―新家橋―上宿橋まで

 両岸に咲き誇る見事な満開のさくらを紹介する、

 撮ってきた写真をすべて掲載したいが、

 P4040763.jpg
       玉川上水駅南口さくら見学出発点

 P4040776.jpg
       宮の橋付近田畑の中に背の高いさくら群

 P4040764.jpg
       金毘羅橋から対岸の竹林と対象にさくら鮮やか

 P4040768.jpg
       見影端から両岸のさくら上水の浄化トンネル

 P4040771.jpg
       上宿橋から最後を飾る圧巻のさくら風景

 「百部は一見に如かず」、ぜひ自分の目で

 上宿橋まで徒歩30分、約5000歩

 西武線武蔵砂川近く、帰りは電車に乗って帰るも便利

       P4040770.jpg
        上宿橋から(クリック拡大)
2014.04.03 雲が面白い8
 空に浮かぶ「面白い雲」を見るたびに

 「あの雲は何という名の雲なんだろう?」と

 雲の名を思い出そうとするが、なかなか思いうかばない、

 たまたま雲の名を思い出したところで、

 それが本当にその名であるのか、確信がもてない、

 雲は、世界気象機関(WMO)によって10種類に分けられ、  、

 この分類を「10種雲形」という、

 すべての雲はこの10種に含まれているが、

 雲の特徴から、さらに約100種類に細分化され、

 学術的な名前がつけられている、

 100種類もの雲の名を覚えるのは至難の業である、

 雲を観察続けている専門家の村井昭夫・鵜山義晃は

 「多少雲の観察経験のある人にとっても、

 これらのバリエーションをすべて把握することは

 非常にむずかしいでしょう」(『雲のカタログ』)と云っている。

 専門家でも雲の名を覚えるのは難しいのであるから、

 素人の自分らが、改まって雲の名を覚えることに神経を使うより

 そのとき、空に浮かんだ雲の姿を楽しんだらよいのではないかと

 雲の名を覚えることを断念したのである。

        P3260718.jpg
           扁平雲❓、隙間雲?

P3300725.jpg
        アーチ雲❓ 降水雲?

        P3300728.jpg
         雨あがりの雲?(クリック拡大)

 雲の名を覚えることを断念したつもりであったが、

 「雲が面白い」ブログ記事を作成する度に雲の名が気になる、