FC2ブログ
2013.11.28 富士山に試練
  最近、西山に沈む夕陽が限りなく富士山に近づいている

  夕日が映る美しい富士山を撮ろうと待つが、

  なかなか思うような風景にならない。

  この日も朝から晴天で富士山が雄大な姿を見せていた。

  しかし、太陽が西に傾きかけた頃から発生した雲が、

  富士山を隠して喜び踊っているような光景を作り出した、

 PB260179.jpg
             夕陽が沈む直前       

 PB260181.jpg
             夕陽が沈んだ直後

  夕陽が沈むと今度は雲が集まり、姿を見せようとする

  富士山の上に乗っかり、押さえつけるような光景となった、

 PB260183.jpg
            富士山の麓が覗いた 
 
 もう少しで雲を押上げ、富士山が本来の姿を見せるかと期待したが、

  このまま暗闇の中に雲もろとも消えていった。

  世界文化遺産となって有頂天になっている富士山を

  お天道様がたしなめ、試練を課しているような光景であった。

        PB260184.jpg
            クリック画像拡大

 今年は、何とかダイヤモンド富士を撮りたいと胸を膨らませているが

 はたして、お天道様はダイヤモンド富士を狙っている

 撮影者にも試練を課すのだろうか?

  秋の風情をもっとも感じさせるのは紅葉であろう、

  玉川上水駅周辺にも秋を感じさせる

  紅葉の美しい場所がところどころにある。

 PB220127.jpg
          玉川上水駅北口駐輪場

 PB220131.jpg
          駅前団地内遊歩道

  やはり、駅周辺で秋本番の美しいのは東大和南公園であろう  

 PB230147.jpg
          南公園運動場北側

 PB230145.jpg
          南公園運動場南側

 PB220128.jpg
          南公園西端庭園内

  紅葉を求めて遠いところに旅行するもよいが、

  近辺に秋を満喫できる場所もあるのだ。
2013.11.19 今日の富士山
 11月19日早朝、富士山は帽子を被っていた。

       PB190072.jpg
           クリック画像拡大

 昼ごろには、その帽子も脱ぎ捨て綺麗な姿を見せた、

 それを上空で浮雲が喜んでいた。

       PB190079.jpg
          クリック画像拡大

 日が沈んだ頃、服装を替え富士山が変身した。

       PB190086.jpg
          クリック画像拡大

 夕闇がせまるころから、富士山は威厳のある姿となり、

 すっかり暗くなるまで立ちつづけていた。

       PB190094.jpg
          クリック画像拡大 

 朝、頭が重く、すぐれなかった体の調子が、

 日が暮れる頃からスッキリしてきた。

 まるで、今日の私の体の調子に合わせたかのような、

 富士山の今日1日の姿であった。
2013.11.16 隠れた富士山
 雨上がりの夕方、アッと驚く光景を目にした。

 まずその光景をご覧ください。

s-IMG_1292.jpg s-IMG_1294.jpg
            クリック画像拡大

  あまりにも綺麗な光景であるためか、

  富士山は姿を隠すかのように、白い雲の布団を被りつづけた。

  撮影している自分はもちろん

  モノレールに乗ってこの風景を眺めている乗客も、

  富士山が見えないのが少し残念であったに違いない。

s-IMG_1300.jpg s-IMG_1305.jpg
            クリック画像拡大

  その後も刻々と変化する夕焼けの風景を撮りつづけた。

  その中から2枚を掲載する。
 
s-IMG_1307.jpg s-IMG_1301.jpg
            クリック画像拡大

  タイミングよくこの様な光景に巡り合えた。

  僅かな時間差で見逃す事がしばしばあるが、

  この日は運がよかった。富士山が見えたらもっとよかった、

  贅沢かな?
2013.11.13 今日の富士山
 11月13日、寒いが快晴であった。

 朝早くから富士山が白い帽子をかぶり、鮮やかな姿を見せた。

       s-IMG_1269.jpg
          クリック画像拡大

  朝食後、東大和市民ネットの仲間たちと

  多摩湖周辺の史跡散策に参加した。

  いろいろな発見があったなかで、

  富士見山に案内されたことは感激だった。

  この山から、雲が少しかかった富士山を撮った。

       s-IMG_1274.jpg
          クリック画像拡大

  帰って見ると、富士山はすでに雲に覆われていた。

  夕方、夕陽に照らされた雲が空全体に広がっていた。

       s-IMG_1283.jpg
          クリック画像拡大

 今日は地域の史跡を散策し、めづらしい所、新しい発見あり、

 1万歩以上歩き、久しぶりの「今日の富士山」のブログ記事も書き、

 なんとなく楽しく、有意義な1日であったようだ。 
 
 
2013.11.11 立冬
 汗をかきながら、暑い暑いと言っていたのは、

 つい昨日のような気がするが、

 いつの間にか朝晩めっきり寒い冬の季節となった。

 暦の上でも立冬(11月7日)の節季に入り、
 
 日が沈む時間が早く、日差しも弱くなった。

 しばらくすると「木枯らし1号」吹き、本格的な冬が到来する。

 年齢を重ねるごとに、夏の暑さも、冬の寒さも身にこたえる。

 最近、天候不順と事情により、良い写真が撮れていない。

 次の画像は立冬に入る前に撮ったものである。

s-IMG_1234.jpg s-IMG_1235.jpg
              クリック画像拡大

 夕焼け雲は赤く染まっていくが、

 ところどころに白い小さな雲が発生していた。

 不思議だ。

 寒くなるのは嫌であるが、今年の冬は楽しみが一つある。

 それは、ダイヤモンド富士撮ることである。

 ブログを始めた去年の今頃のことを考えると

 冬を楽しみにしている自分も

 不思議である。
「第2回東大和市まちフォトコンテスト」に

 応募した写真の中から今回も2枚を掲載する。

       1、富士山と夕焼雲

 10中旬、久しぶりに空気が澄んだ夕暮れ、

 クッキリと富士山が姿を見せた。その上を夕焼雲が、

 世界文化遺産に登録されたことを喜ぶがごとく泳いでいた。

       IMG_1163.jpg
          クリック画像拡大

       2、雲に守られた富士山

 富士山が地上の白い柔らかい雲の上に座り、

 天井から猛烈に燃える雲に照らされていた。

 すると富士山の笠になる雲が現れ、

 世界文化遺産登録を守ろうとしていた。

       IMG_1127.jpg
          クリック画像拡大

 フォトコンテスト」に応募した写真は沢山ある。

 これからも応募し、ブログでも掲載しつづけていきたい。