FC2ブログ
 「第2回東大和市まちフォトコンテスト
    365日東大和アルバム
      あなたの撮っておきの1枚を自慢しょう!」

  このフォトコンテストに応募していることは

  前のブログ記事でお知らせした。

  その後もコンテストに応募し続け、その数15枚に達した。

  その中から、2枚を掲載する。

   
        1、王冠

 まるで奥多摩の山々に王冠を被せたような光景である。

 自然が作り出したものではあるが、あまりにも見事な出来栄えに、

 人工的に作り出したかのような錯覚におちいる。

       IMG_0663.jpg
          クリック画像拡大       

       2、夕日と雲

 夕暮れになって、空全体を覆っていた黒い雲が、

 天井に向かって幕を開いた。

 中から現れたのは、西山に沈む直前の夕陽であった。

 その光景は、玉川上水駅付近にある墓地に眠る

 霊を慰めるかのような神秘的な光景であった。

       IMG_0584.jpg
          クリック画像拡大

 写真の説明は応募するときに義務付けられるているコメント

 これからも、応募した写真をどしどし公開してゆきたい。

    
2013.09.24 秋分の日
  秋分(9月23日~10月7日)は二十四節気の中で

  暑くもなく寒さも感じない、さわやかな時節である。

  その始まりとなる9月23日、秋分の日は

  春分の日(3月21日)と共に、

  太陽が真東から上がり真西に没する、

  昼夜の時間がまったく同じとなる日である。

  秋の彼岸は23日の前3日、後3日の7日間、

  この日を境に徐々に秋の夜長の季節に入る。

  秋の空は高く、どこまでも澄み切っている。

  まさに、「天高く馬肥ゆる秋」である。

       IMG_0972.jpg
          クリック画像拡大
  
  歳時記の中に次の句を見つけた。

  にょっぽりと秋の空なる富士の山  上島鬼貫

       IMG_1026.jpg
           クリック画像拡大

  句をよんだ上島は江戸中期の俳人である。

  句を思い出し、改めて富士山を眺めると、

  江戸時代から今日まで富士山の風景は

  時間が止まったように変っていないような気がする、

2013.09.19 中秋の名月
  今日、9月19日は「中秋の名月」の日である。

  陰暦の毎月15日は満月・15夜であるが、

  陰暦8月15日の満月を「中秋の名月」(仲秋の明月)と呼び、

  今年は今日の日に当たる。

  なぜ、この日を「中秋の名月」と呼ぶのか?

  1年12回の15夜の中でも、この日の満月が

  もっとも、美しい「お月さん」であるからであろう。

  春の「おぼろ月」も情緒ある月であるが、

  やはり、秋の空に明るく輝く満月が勝るだろう。

  今年は雲一つない好天に恵まれ、浩浩と照る満月は

  まさに「仲秋の名月」にふさわしいと感動した。
   
  昔から、この日を「秋夕」といって、

  すすきや里芋、団子などを供えて、

  先祖の霊をまつり、豊作を祈る「お月見」があった。

  都会では考えられないが、田舎には

  このような風習が、今も残っている所があるだろう、

IMG_1060.jpg IMG_1043.jpg
            クリック画像拡大 
          
 
      今宵は仲秋の名月

      初恋を偲ぶ夜

      われら万障くりあはせ

      よしの屋で独り酒を飲む 
        -よしの屋は東京新橋―

        
  明治生まれの小説家井伏鱒二(1898~1993)の詩である。

  中秋の名月の夜は、昔の恋人を偲ぶ日かも知れない。、
2013.09.17 敬老の日
   9月16日、敬老の日であるが、台風が襲来、

   朝から、激しい暴風雨が吹き荒れた。

   昼頃にはおさまり、天気は急速に回復、

   久しぶりに富士山がクッキリとその姿を現した。

IMG_1020.jpg IMG_1024.jpg
            クリック画像拡大     
   
   日が沈む頃には、澄んだ空気の中、

   赤く染まった雲と見事な光景を見せてくれた。

IMG_1023.jpg IMG_1022.jpg
            クリック画像拡大

   この様な富士山の光景を撮るため、

   長い間、待っていたような気がする。

   その日が突然にやって来て、このブログ記事を書かせた。

   私の気持ちを癒してくれた敬老の日であった。
  ブログを立ち上げてから、すでに1年以上が過ぎた。

  立ち上げから、今日に至るまで、

  東大和市民ネットのメンバー仲間たちの手助けにより、

  何とかブログ記事を発信し続けてきた。

  とくに、今年に入って、『今日の富士山』のタイトルで

  写真を撮りつづけ、富士山が姿を見せないときは、

  夕日や、さまざまな雲の様子、風景を撮ってきた。

  その中から、自分でも良く撮れたと思える写真は

  ブログ記事に載せて公開した。
 
  今回、これもまた市民ネットの仲間から

  「第2回東大和市まちフォトコンテスト、

  『365日東大和アルバム』

  あなたの撮っておきの1枚を自慢しょう」と

  書かれた案内チラシを見せられ、勧められた。

  撮影対象期間が平成25年の1年間となっていた。

  考えて見ると、自分のパソコンの中に数百枚の

  富士山や風景写真が誰にも知られず眠っている。

  これをそのまま眠らせておく手はないと思い

  コンテストに応募することにした。

  枚数に制限がないので、

  これまで、10枚の写真をコンテストに応募した。

  今後も、パソコン内にあるもの、これから撮る写真を

  どしどし応募しようと思っている。

  今日は、すでに応募した写真の中から2枚紹介したい。

 IMG_0356.jpg
   正月の富士山  (クリック画像拡大)  神秘的な光景 

  自慢する訳ではないが、自分の撮った写真を

  多くの人に見てもらえる喜びを感じている。
2013.09.11 2百10日
 「2百10日」は立春(2月の3、4日頃)から数えて

 2百10日目にあたる9月1,2日頃である。

 2百20日の9月10,11日と共に、
 
 「2百10日の走り穂」といって厄日とされている。
 
 それは、稲穂の花が咲く大切な時期であり、、

 ちょうど台風が襲ってくる時期でもある。

 稲穂の花が風で飛ばされると米が実らず、不作、凶作となる。

 農家は被害を恐れ、この時期を最も警戒したことに由来している。

 気象庁の最近の調査では、この時期大風が上陸する確率は

 平均14%であると発表している。

 最近は「2百10日」をニュースにも、話題にもあがらない。

 なぜだろう?

 その理由を調べている間に、「2百10日」は過ぎ去っていった。

 因みに、9月10日の夕方、

 台風が襲ってくる様子はまったくなく、

 面白いを空模様を見せてくれた。

      IMG_0989.jpg
           クリック画像拡大

      IMG_0995.jpg
           クリック画像拡大

      IMG_0998.jpg
           クリック画像拡大


 その間、天気は曇り空が続き、雨も適当に降った。

 水不足を解消する恵みの雨で、ダムの貯水量があがった。

 「2百10日」は厄日であるが、良日となることもある。
2013.09.06 夏雲と秋雲
  9月に入って、朝夕めっきり涼しくなった。

  空を眺めていると、千差万別に動く雲が面白い。

  昨日まで、わがもの顔で空を支配していた夏雲に、

9-7-1.jpg
           夕暮れの夏雲

  いつの間にか成長した秋雲が、

9-7-2.jpg
          紺碧の空に白い秋雲 

  空の支配権を奪い取るため夏雲に挑みかかった。

  凄まじい戦いが大空でくり広げられ、

  各地で空中戦が展開された。

9-7-3.jpg
              夏の雨雲と秋のすじ雲の空中戦
 
  
  どうなるか、秋雲の勝利を祈りながら観戦する。

  そのとき、台風が接近している情報が空中を駆けめぐった。

  秋雲が言った
  
 「邪魔が入ったようだ、この戦いはしばらくおあずけにしょう、
  この次に決着をつけよう」

  夏雲
  「やむをえん、どうせ台風はお前の味方をするからな」

  秋雲
  「それでは、しばらく共存して暮らそう」

  こうして和解が成立し、平和な空模様になったと思われ、

  東大和市街上空の秋雲、夏雲双方とも穏やかであった。

9-7-4.jpg
秋雲と夏雲が共存する東大和市街上空   

   しかし、この和解の成立は地方の雲に伝わらず、
 
  各地で秋雲と夏雲の戦いはつづいていた。

  そのため、局地的な豪雨と竜巻の被害を各地にもたらした。

  今回の被害から気象情報の大切さ、

  身を守る対処の大切さを教えてくれた気がする。
2013.09.02 9月初日
  9月1日防災の日である。

  昨日につづき猛暑日となった。

  風はあるが、湿気のため空気が生暖かく、

  クーラーをかけず、何とか過ごす、

  夕方、西の空に雨雲が発生し、

9-1-1.jpg
         奥多摩方面に発生した雨雲

  たちまち、雨雲は東大和市街上空を覆い、

  激しい雨を降らせた。

  おおよそ3,40分降った後、

9-1-2.jpg
        平和公園から南街方面上空 

  フィナーレを飾るかのように、稲光が連続して起きた。

  その瞬間を撮ろうとシャッターを切るが、

  タイミングが合わず、あきらめかけていた。

  最後の1枚とシャッター切った、

  手ごたえがあり、たしかに稲光を捉えた。

       IMG_0940.jpg
           クリック画像拡大

  シャッター速度の速い、高価なカメラがあれば

  いい写真が撮れたのに?、

  腕に問題であるのを忘れて。